【受付終了】オンラインインターンシップ開発

コロナ禍で対面でのインターンシップが難しくなっている今日。今回はそんな企業の課題を解くべく、オンラインインターンシップの開発をテーマに県内企業の新たなインターンを作る内容になっています。

▼インターン概要
【日程】
募集期間:2022年2月21日(月)〜3月20日(日)
選考期間:2022年3月10日(木)〜3月22日(火)
選考結果発表:2022年3月23日(水)
実施期間:2022年3月26日(土)〜6月26日(日)

【説明会】
[第1回]3月1日(火)14:00-15:00
[第2回]3月14日(月)14:00-15:00
【説明会のお申込みはこちらから】
※時間が合わない方には、アーカイブ共有もご用意しております。

【対象】
秋田県内の学生

【募集人数】
3名

【こんな人におすすめ】
・秋田県内企業について深く知りたい方
・環境問題やSDGsなどに興味がある方
・新しいことに挑戦してみたい方
・社会人基礎力を身につけたい方
・秋田プライウッド株式会社に興味がある方

▼インターン内容
“学生向けオンラインインターンシップの開発”
秋田プライウッド株式会社では、「百聞は一見に如かず」という言葉の通り実際に現場に来ていただくインターンシップを実施していました。
しかしながら、コロナ禍において対面での実施が難しくなり現在はインターンシップが行えていない状況です。
今回は、コロナ禍でも実施でき、かつ企業の魅力が伝わるような”オンライン”のインターシップを学生の力を借りて開発したいと思っております。

共にオンラインインターンシップの開発してくれるインターン生をお待ちしています!

【インターンシップ詳細】

▼インターンシップ受入企業

【秋田プライウッド株式会社】

秋田プライウッドは、「国産材合板」の製造において日本一の生産量を誇っています。

「合板」は家や公共の建物を建築する際に、床や壁、屋根などの下地に使用されています。地震や火事からわたしたちを守る心強い味方、それが、当社の製造する「合板」です。

  地球温暖化防止のため2015年に取り決められた国際条約である「パリ協定」。温室効果ガスの削減目標が参加各国に課せられました。当社を始めとする日本の合板業界は『森林の持つ“二酸化炭素を吸収し固定化する”という機能』を最大限発揮させてパリ協定にも貢献するため、『小さな木を大きく育てて、切って、色んなことに使う。そして、また新しい小さな木を植える』という循環を大切にしています。

 日本は国土の3分の2が森林で覆われ、森林の蓄積量が年々増え続けています。森林の持つ機能は適切に整備・保全することにより発揮されますが、管理されずに放置され、森林の機能が最大限発揮されていないのが現状です。当社は、地球環境の保護に貢献するため国産材の利用を促進すべく「AKG50作戦~あらゆるところに(A)国産材(K)合板(G)を活用して2025年までに日本の木材自給率50%以上を目指す~」を実践しています。

  この“秋田の地”で、「日本最大の合板メーカー」として「地球規模のワールドワイドな仕事」ができることが「秋田プライウッド」の魅力です。


HP:https://www.aplywood.co.jp/index.html
こっちゃけ:https://kocchake.com/pages/company/c_462
企業紹介動画: